ギャンブル依存症の克服とは(まとめ)

2・今一度 ギャンブル依存症の克服とは

今回は、第2章「ギャンブル依存症の克服とは」のまとめとして、書かせていただきます。以下、各回のまとめとなりますので、よろしくお願いいたします。

・依存は 人生の三振ではない

よく、依存してしまったことを嘆き自分を卑下する方がおられますが、依存というのは心の病です。病気ならば、ちゃんと治せば良いのです。依存は人生の三振ではなくファウルです。諦めない限り、必ず克服できると私は信じています。希望を持って生きてください。

・克服とは 孤独との決別である

ギャンブル依存症を克服するために、人間関係を構築(再構築)することは欠かせません。ギャンブルとはそもそも孤独な遊戯であるということを、しっかりと覚えておいてください。

・克服のルール その1

あなたがやめるべきものは、今しているギャンブルのみではありません。他のギャンブルやゲームセンターに設置されている実機、オンライン上のギャンブルゲーム・RPGなど、ギャンブルに類するものは全てだとお考えください。フェイク(まぼろし)を通じて、依存の導火線に火を付けるのは禁物です。

・克服のルール その2

「あなたは自分自身が依存であると自覚し、一生行かない覚悟を決め、直ちにやめねばならない」ということです。これが、ギャンブル依存症を克服するために必要な「最低限のルール」なのです。それができていないうちは、克服の入り口にいるとはいえません。

・克服は 「断ギャンブル」によってのみ可能となる

依存症ギャンブラーが克服へと向かえるのは、ギャンブルしない日を過ごしているときだけです。それは一時的なギャンブルの休止では無く、今後も一切ギャンブルしないという決意と潔さが必要だと知ってください。あなたは曖昧な態度でいてはなりません。スリップを繰り返し、再発することを避けねばならないのです。

・克服までの4ステップとは

ギャンブル依存症の克服は、以下のような段階を経て達成されるものです。克服までの道のりの目安としてください。

STEP1 我慢:断開始から、およそ1ヶ月
STEP2 諦め:1ヶ月から、1年間くらいまで
STEP3 行かない日が習慣化:1年から3年
STEP4 克服:断開始から3年経過

・克服とは 悪しき生活習慣との決別

習慣性依存の問題と合わせて、ギャンブル依存症は好ましくない生活習慣と深く結びついている場合が多いです。生活習慣の改善は、生活環境の改善と同じく必須だと心得てください。

・やめた瞬間から 全ての改善は始まる

断している間にのみ、改善は行われるということです。逆にいえば、断し続ける限り改善し続けます。どんなケースであっても、「遅すぎる」ということなどありません。あなたが決断し、断を始めたときが、あなたの「底」となるのです。

・あなたの力を信じないこと

依存症ギャンブラーである限り、心の力を信用するのは好ましくありません。あなたは精神面を充実させる一方で、「行かないための準備・用意」をするべきなのです。「あなたの力を信じないこと」とは、心の力だけに頼って問題を解決することの難しさと合わせて、一人で克服することが極めて困難であるという意味なのです。

・底尽きなど あてにならない

底尽きとは、回想で語られるべきものです。それをあてにしたり待っていたりするのは、良くありません。あなた自身の手で、あなたの底を決めることは可能です。あなたに必要なのは、底尽きでは無く「底上げ」なのです。

・ギャンブル依存症の克服とは

ギャンブル依存症克服への道とは、「我慢」することから始まり「時間を稼ぎ」そして「ギャンブルすることを諦める」までの道のりです。我々の目的である克服とは、「一生諦め続ける」ということに他なりません。

克服という言葉の意味は、自らの力で困難や病気などに打ち勝つということです。
一方でギャンブル依存症の克服とは、苦しまず焦らず、あたかも呼吸するようにギャンブと切れている状況といえます。欲望に支配され、抑圧され、強制され、我慢し続けている限り、それは克服といえないのです。

SAGSでは、およそ3年くらいの期間を克服の目安としています。ここまでで、第2章を終わります。(第3章へと続く)