依存は 人生の三振ではない

2・やめるの 怖いですか?

今あなたは、不安に駆られていないでしょうか? 怯えておられないでしょうか? 気が狂いそうだと、感じられていませんか? ギャンブルできなくなることに失望し、「これから 何をすればいいんだ?」と途方に暮れておられませんか? それまで自由になる時間の大半をギャンブルに費やしてこられたわけですから、それも無理は有りません。しかも私が、「克服とは諦め続けること」などと言い始めましたからね…。尚更でしょう。

ですが心配しなくても大丈夫です。ギャンブルをやめたことが原因で、体や頭がおかしくなってしまった人など、これまでに見たことも聞いたこともありません。あなたに誤解していただきたくないのは、ギャンブルが原因で事件を起こしてしまった人たちが、克服を目的として頑張っている最中にそういった犯罪を起こしてしまったのではないということです。

そういった人たちは、ギャンブルをやり続けることが原因で問題を起こしてしまうということです。それと、もう一ついえば、私はやめて不幸になったという人も知りません。私の元へ来るのは、「やめたおかげで どれほど幸せになれたか」という嬉しいお便りばかりです。

ひょっとしたら、数年後、私の元にあなたからのお便りが届くかもしれません。その中に綴られているのは、きっと幸せになったあなたのことでしょう。今はやめるのが怖くても、後になってあなたは、それが最善の選択だったと気付かれるはずです。

・依存は人生の三振ではない

最初は誰でも、やめることが恐ろしく感じられるものです。私の場合、「これから やれないんだ……」と思ったとき、つらくて寂しくて涙がこぼれました。いってみれば、小さい頃、自分が一番気に入っていたおもちゃを取り上げられた時と同じです。ですがやめた途端、それまで悩んでいたことが嘘のように消えていきました。殆どの願望が叶いました。生来孤独だった私でも、多くの仲間や友人に恵まれました。

今私は、「ギャンブルに依存し克服したおかげで、それまで以上幸せになれたのだ」と強く感じます。私にとってギャンブルへの依存とは、決して「人生の三振」ではありませんでした。次の絶好球を的確にクリーンヒットするための、ファウルだったように感じます。それと同時に、私にとってギャンブル依存症克服への道は、今まで経験したことがなかった幸せへの道でした。ギャンブルのない生活というものは、あなたが考えている以上に素敵なものなのです。

しかしながらあなたは「ギャンブル依存症克服への道」と聞くと、「なんだか大変そうだなぁ」と感じられることでしょう。先にも書きましたが、依存症克服へ の道は決して平坦なものではありません。特に最初の頃は、毎日がスリップとの戦いです。しかもその道のりは、遠いものです。私が見る限りでは、衝動が収ま るのに1年くらいかかる方が多いようです。克服したと胸を張って堂々と言えるには、およそ3年くらいの年月が必要でしょう。(続く)