ご家族へのメルマガも

2ニューアル作業での気付き

これまでSAGSでは、依存症ギャンブラー本人のために何種類かのメルマガを配信して参りました。しかしながら現在、我々を取り巻く環境はメルマガ初号版を発行した頃と比べて大きく変わっており、今回メルマガ全体をリニューアルしようと決心しました。

そういったことから、先日「タカビーのひとことメルマガ」をリニューアルいたしました。作業中に気付いたのですが、やはり私自身もメルマガの初号を発行したときに比べ、いろいろな面で変わったといえます。

それが成長なのかそれとも退化なのかは分かりませんが、やはりメディアには新鮮さが求められると思いますので、結果はともかくこれから新しい私の文章でリライトしていくつもりです。

ご家族のためにメールセミナーを

その手始めとして、これまでの念願だった「ご家族のためのメルマガ」を発行します。これは依存症ギャンブラーのパートナーや家族をお持ちの方のために、「どうすれば問題解決に近づくのか」といったことをテーマとしてお届けする予定です。

以下、メルマガのプロローグです。予定では計11回のメールセミナーで、かなりボリュームのある内容となりそうです。

____________________
あなたの力では、もはや不可能なのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■あなたは、もう限界ではありませんか?

朝、あなたの多忙な1日が始まります

本人を会社へ送り出し
子供たちを学校へ送り出し
部屋を片付け
洗濯物を干し
食器を片付け

ふと時間を見れば、お茶を飲んでいる暇もない。そうこうしているうちに、どんどん時間が迫って来る。パートに出かけねばならない。

パートから帰ったら帰ったで、すぐに食事の仕度と子供たちの世話。そしてあなたのパートナーは、いつになっても帰ってこない…。

あなたがネズミのようにきりきり舞いをしている頃、あなたのパートナーは、お気に入りのパチ屋の軒先で、パチともと並んで開店待ちしているのかもしれません

競馬新聞を片手に知り合いと談笑しているのかもしれません

会社を直帰して、雀荘で同僚とマージャンの真っ最中かもしれません。

アツくなって、パチンコ機にせっせと千円札を投入しているのかもしれません

■家庭からの逃避

そしてあなたのパートナーは、

×家に真っ直ぐに帰らない
×週末はとやかく理由をつけて家に居ない
×理由をつけてすぐ外出する
×家のことは全く無関心
×育児も全てあなた任せ
×家の中では落ち着かずソワソワする
×あなたに内緒で借金をする
×職場から勝手に金策する
×家の預金に手を付ける
×生命保険を勝手に解約する
×周りの人から借金しまくる
×サラ金から催促の電話がかかってくる
×あなたが大切にしていたヴィトンのバッグが見当たらない!

どうでしょう?

つらいでしょう
悔しいでしょう
呪わしいでしょう
嘆かわしいでしょう
人生を恨みたくなりませんか?

そして、こういった悩みを常に抱えていらっしゃるあなたの悲しみは、想像を絶するものですね。そろそろ限界ではないでしょうか?

■あなたが見ることのない世界

あなたは遊技場でのパートナーの姿をご存知でしょうか?

例えばあなたは、あなたのパートナーがパチ屋でどんな顔で台と睨めっこしているか、ご覧になったことがありますか?

場外馬券売り場でよそのオッサンたちと、子供のように嬉しそうにはしゃいでいる姿をご存知ですか?

おそらくあなたはご存知でないでしょう! 見ない方が良いです、ムカつきますからね。

ギャンブラーたちが彼らの[楽園]でどう過ごしているのか? 殆どの場合、彼らはいたって明るくまるで子供のように無邪気に遊んでいます。

そう! 大切な家のお金や借入で作ったお金を使っても、そんなことなど全く気にかける様子もなく…。

こういった姿を目の当たりにすると、たいていの方が失望・落胆されます。しかし残念ながら、これが現実です。

■あなたが言ってもムダなワケ

少し話が飛びますが、あなたがパートナーに対して、どんなにギャンブルをしないよう懇願しても全く効果が無い筈です。

どうです? 今までに効果がありましたか?

だって、そんなことでギャンブルをやめる人ばかりだったら、JRA(日本中央競馬会)はパンクします。日本国中のパチンコ店は全て潰れます。

現実にそうなってないでしょう? なりっこないんですよ! だって少々の理由では、というか、かなり深刻な問題があってもギャンブルやめない人が殆どだからです。

ハッキリといいますが、あなたの気持ちと苦労はギャンブラーには殆ど伝わっていません。―――

発行が決まったりリニューアルが完成したりしたメルマガについては、こちらでお知らせいたしますのでよろしくお願い申し上げます。(奥井 隆)