パチンコよ

2・昔に 帰りなさい

パチンコよ

今日は お前が若かった頃のことを話そう
あの頃お前は 俺の友達だった

2

ちっちゃな受け皿 手打ちのハンドル
銀の棒に指を乗っけると ヒンヤリ冷たかったっけ

あの頃のお前ときたら
本当に飾り気が無かった

盤面に有ったのは
いくつかの赤いチューリップ
そして赤ランプが一つ

そのチューリップが
開くたび
閉じるたび

俺は
心躍らせた
目を輝かせた

そんなお前が変わってしまったのは
いつの頃だったか

いつしか ハンドルが電動になり
やたらとチューリップが多くなった

そのうちに毒々しいランプまで点滅するようになり
球を打つ楽しみが デジタルを揃える欲望に代わった

以前よりも
多くの金を呑み込むようになった
負けることが シャレでなくなった

お前は 不幸な人々を作り出す遊戯に成り果てた
お前の前に座るのは ジャンキーばかりだ

今のお前がしていることは
誰彼かまわず金を吸い上げ
不幸な人たちを作り続けること

なぜお前は ここまで墜ちたんだ?
なぜお前は 我々を堕落させるようになった?

昔に帰りなさい
我々の友だった頃に…

昔に帰りなさい
これから不幸な人々を作らないために

昔に帰りなさい
消え去りたくないならば

それが今お前にできる
唯一のことである

 

タカビー