きり②(わたしを変えてくれた仲間たち)

  • 友達もパートナーも失ったわたしが

パチンコでパートナーも友達も失ったわたしは、孤独でした。誰も頼れる人がおらず、何のよりどころもなかったわたしは、日々不安と恐怖に包まれていました。

ところがSAGSに参加して掲示板に書き込みをすると、わたしのように苦しんでいる仲間がいて、断ギャンブル期間の長い仲間が次々と声をかけてくれました。当時の私にとって、何やら不思議な世界でした。

「ギャンブルを断つ為なら 何でもしよう!」と感じたわたしは、「毎日パチンコに行ってたのだから 毎日書き込もう!」と決心しました。

書き込みを続けることで、同じことで悩む仲間に恵まれました。時間が経つにつれ、そういった仲間たちとの間に強い絆が出来始めました。

リアルで仲間たちと会うのは、とても楽しく効果がありました。オフ会や親睦会を通して交流を深めることで、わたしは賭けなくても楽しい時間を過ごせるようになっていったのです。結果として、わたしは破綻していた人間性を回復させ、幸せを感じる心と平安を取り戻すことができました。

  • 断を続けて良かったこと

今振り返ると時には、「少しならば……」などと、ギャンブルが頭をよぎることもありました。それまでならそそくさとホールに足を運んだものですが、断ギャンブルを続けていくうちに、自分にとって最善の選択ができるようになったのです。

それだけではありません。人生や人間関係においても自分にとって最適な選択ができるようになってきたのです。

わたしは、「自分を見つめ直し 感情と対話する」という、回復への階段を上がっていけるようになったのです。仲間たちの中で生まれる力が、わたしを変えてくれたように思います。

きり③(3年後のあなた)