究極の生活環境改善は カミングアウト

2・みんなが嫌がるカミングアウト

さてここまでで、生活環境の改善について一通り書かせていただいたわけですが、生活環境の改善とは、それぞれ「場所 時間 お金 人間関係」に分けて実行していかなければならないものです。ですが、「場所 時間 お金 人間関係」全ての改善につながり、「これを実行するだけで、環境が180度変わる」といえるほど強力な方法が一つあります。それは、カミングアウトというものです。

カミングアウトとは本来、「自分の病歴や性的嗜好・出生などを明らかにする」という意味で、主に同性愛者が使用する言葉だったのですが、最近では「人に知られたくないことを告白すること」といった意味で使われることが多いようです。

ギャンブル依存症に関していえば、カミングアウトとは「自分がギャンブルに依存していることを家族に告げ、これまでひた隠しにしてきた借金の額やウソなどを全て包み隠さずに告白すること」といえるでしょう。

当然ながら勇気を伴う行動ですし、周囲への影響も大きいです。そういった理由から、克服を希望する人たちにとって一番敷居が高いといえるのがこのカミングアウトというものなのです。

実際、どなたにお聞きしても殆どの方が「カミングアウトするためには、かなりの勇気が必要だった」と答えられます。おそらくですが、SAGSに参加された方でも最初は「カミングアウトしないで済ます方法を求めて参加した」という方が多いのではないでしょうか。つまり、「SAGSに参加すれば、カミングアウトしなくても問題を解決できるのではないか?」などと考え、頼ってこられるというケースです。

まあ普通に考えてみても、カミングアウトを嫌がるというのは無理もないです。これまでの罪状が全て明るみに出てしまいますしね。家族や恋人の驚きや苦悩を考えていたら、誰だっていたたまれない気持ちになるわけです。

しかしながら結論から言うと、カミングアウトなしでの克服というのは殆ど不可能です。では、なぜカミングアウトなしでは克服できないといえるのでしょう? 残念ながら、隠し事があるうちはやっぱりダメなのです・・・。

・カミングアウトで得られるメリット・デメリット

カミングアウトなしで克服できない理由は、大きく分けて2つあります。第1の理由は「カミングアウトなしで得られない協力が存在する」ということです。第2の理由は、「家族に隠していることが原因で、解決しない問題がいくつか存在する」ことです。先にも書かせていただいたとおり、カミングアウトは「場所 時間 お金 人間関係」全ての項目における生活環境を強力に改善する行為なのです。

例えば「場所」「人間関係」について考えてみましょう。依存症ギャンブラーは家庭から逃避していることが多く、家の中の居心地悪いことが原因でパチンコ店に行くというケースが多いです。カミングアウトすれば一時的に居心地は悪くなるかもしれませんが、殆どの場合家族は本人の行動について薄々気付いているものです。

強いて言うならばカミングアウトのデメリットは、それがあまりにも強烈な「改革」なので、良いにせよ悪いにせよ周囲に大きな影響を与えてしまうということでしょうか。しかしながら、もしもあなたが「カミングアウトが原因で、離縁される」とか「言った瞬間に、全てが終わりだ・・・」とか考えているのなら、それは大きな間違いです。

なぜならカミングアウトを経なくても、あなたが行ってきたことはいずれバレることになりますし、その時になると問題が一層深刻化していたり金銭的な損失が大きく膨れあがっていたりするからです。カミングアウトは、そういった事態を防ぐストッパーでもあるのです。

しかも通常の場合、家族に対しちゃんと説明するという過程を経なければ、信頼を取り戻すことはできません。信頼関係が出来なければ、いつまでたっても家庭内の問題を解決できません。つまり、家庭環境を変えるためにカミングアウトは必須といえるのです。

それでは「時間」と「お金」については、どうでしょうか? カミングアウトするということは、それまであなたが莫大な時間をギャンブルに費やしてきたことを暴露するということです。逆にいえば時間にせよお金にせよ、カミングアウトした限りは、その後は真っ当に使うことを宣言するに等しいのです。

もう一つ言えば、「カミングアウトしないということは、借金を繰り返すことができる」ということでもあります。家族にお願いして金銭管理をしてもらうことも、カミングアウトなしでは不可能です。

借金を隠していては、繰り返す可能性が高いです。そして自由になるお金が存在する限り、断は軌道に乗らないのです。(続く)