克服するための準備(まとめ)

2・第3章 まとめ

今回は第3章のまとめを書かせていただきます。

第3章 克服するための準備

・克服を妨げる第三者とは: ギャンブル依存症を克服していく過程において必要なことは、「すべきこと してはならないこと」と合わせて、「第三者から、してもらってはならないこと」が存在します。

イネイブラーと呼ばれ、依存症ギャンブラーを甘やかせて自立する邪魔をする人物が居ることを覚えておいてください。多くの場合、本人の妻か母親がイネイブラーになっています。

・克服に必要な3つの要素: ギャンブル依存症を克服するために必要な要素は3つあります。それは、「自らの依存を(ちゃんと)自覚すること 生活環境と生活習慣を変えること 人間関係を構築すること」です。

特に克服の入り口ともいえる自覚の部分で躓いてしまうと、なかなか先に進めません。しかも、ここでいう自覚とは中途半端な決意や思いではなく、「一生ギャンブルしない」という信念に基づいていなければなりません。

本当の自覚と 怪しい自覚

・依存の自覚を段階的に見ると: ギャンブル依存症であるという自覚がなくては、克服することができません。しかしながら自覚というのは、人によりそれぞれ程度(強さ)が違います。

最終的に必要なのは勿論、確たる自覚ですが、殆どの方はそこまで到達してから断を開始されるというわけではありません。

・まずは問題の存在に気付くこと: 世間には自らの行動が問題を起こしているとさえ感じていない「潜在的依存症ギャンブラー」が数多く存在します。まずは、自分の行動に問題があると気付くことが必要です。

たとえちょっとした疑問がきっかけであったとしても、それは問題解決に向けての大きな進歩です。ちゃんとした自覚とは、克服へのレールに乗っているうちに形成されていくものです。

稼いだ時間で解決しないこと

・強固な自覚が必要な理由: ギャンブル依存症を克服していく過程で遭遇するリスクを大きく2つに分けると、「時間的リスク」と「無知のリスク」になります。

時間的リスクとは、「克服していく過程で、何らかの原因でスリップしたり再発したりするリスク」といえます。無知のリスクとは、ギャンブル依存症が完治すると思い込んでいたり、「自分は、もう大丈夫だ!」と勘違いしていたりといった、「ちゃんとした知識が備わっていない状況」からスリップ・再発してしまうリスクといえます。多くの場合、無知のリスクも時間を重ねるとともに遭遇する可能性が高くなります。

・克服は 強固な自覚と正しい知識によって支えられている: ちゃんとした自覚とは、一生やらないという強固な決意とギャンブル依存症に対する正確な知識で支えられている必要があります。

克服していく過程で遭遇するリスク(時間的リスク 無知のリスク)とは具体的に、「過信 油断 誘惑 無知 ストレス」の5つが存在します。これらのリスクは、積み重ねた断日数が長くなるにつれ、スリップする原因となるので注意が必要です。

時間を稼ぐ以外に必要なこととは、これら5つのリスクに対する対策を万全にとっておくということです。

自覚を研ぎ澄ます仲間の力

・一人で頑張るのが難しい理由: 一人でギャンブル依存症を克服するのは、極めて困難です。その理由として、一人ではモチベーションが保てないことと、ちゃんとした知識や方法に巡り会えないことが上げられます。

日数を伸ばしていても再発して元通りになってしまうといったパターンは、一人で頑張っている方に多いです。これこそが「無知のリスク」の恐ろしさといえるでしょう。

・仲間たちから得られること: 仲間たちとともに頑張るメリットとは、絆と連帯感からモチベーションを保てることです。また、正しい知識や情報を得ることができるのも、大きなメリットといえるでしょう。

順調に断している仲間たちから学ぶことは大切ですが、それ以上に必要なのは、「仲間たちの失敗を、自分は繰り返さない」ということです。自覚し知識を会得し、仲間たちの成功や失敗から学ぶということは、底上げにとって必須の作業といえるでしょう。(続く)