かがり⑤(心の師匠とともに)

  • 克服道場という場

それからの私はSAGSの克服道場に入門し、厳しい指南をうけました。白旗をふっても、気持ち的にグニャグニャしていた自分に喝を入れてもらいました。

心の師匠であるスライムさんからは、時には厳しく時には冷静なアドバイスをいただきました。指南を受けるたびに、「ああそうだ!」と気付く日々が続きました。

掲示板では衝動が起きないよう、がむしゃらに書き込みを続けました。そうして気づいたら1年経っていました…。

断パチ1年達成した頃には、強い衝動が来なくなりました。それでも、たまに来る衝動には油断しないよう気をつけなければならないと決意を新たにしています。

おそらくこういったことは、一生気をつけなければならないのでしょうね。「我慢1年 克服3年 依存一生」とはSAGSの中で見かけた言葉ですが、全くその通りだなと思ってます。

  • 克服を目指すあなたへ

私はまだ断1年を迎えたばかりで、正直なところ不安な面が多いです。こんな自分がどんなメッセージを伝えられるかわかりませんが、一つあなたに伝えるとしたら、それは「私がブレーキを踏み続けた結果として 394日間パチンコという車が停止している」という事実です。

自分が、「これではいけない!」と気付いた時こそが、ギャンブルをやめるきっかけです。ですが、ブレーキがかかり車が停止するには、ある程度の時間がかかります。そしてそういった試みは、必ずしも順風満帆にいくとは限らないということだと思います。

だからこそ、絶対に諦めないという強い意志が必要ですし、日常的に何がしかの努力が不可欠なのでしょうね。

「継続は力なり」とは、よく聞く言葉ですが、断を継続することでのみ、私たちは気付きを得て本物の克服へと向かうことができるように思います。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

SAGS正会員 かがり