レジ袋依存への処方箋 新しいマイバスケットという提案

2レジ袋廃止運動って、結局レジ袋への依存問題なんだな

今日はギャンブルへの依存以外の話をさせていただこうと思う。ひとことで言えば、ギャンブルへの依存でなく、消費者のレジ袋への依存というお話だ。

「なんだ! ギャンブル依存症のハナシじゃ無いのか!?」と思われたあなた。7月から全ての店舗でレジ袋が有料化されるが、これは結構インパクトがある改革なのである。

あなたがどこかの店舗を訪れた際、あなたは店が用意する紙製の袋に入れて持ち帰るか、それとも自分で用意したバッグなどに詰め替えて持ち帰るか選択しなければならない。

最近気付いたが、とあるコンビニでは「おでん」のパック製品がレジ横に並んでいた。売る方だって、実際のところ大変なのである

私は現在、ある製品を使ってレジ袋廃止運動を効果的に不便なく推し進めることを提案し続けている。以下、いつもたわ言モードでは無く、「ですます調」でやんわりと始めてみたい。

なぜレジ袋は定着したのか?

これまでレジ袋は、自然と消費者に受け入れられてきたというイメージがあります。しかしながら、よく考えてみると、そこまで便利なサービスでも無かったのではないでしょうか。

レジ袋が普及するまで、消費者は自らのカゴを持参して買い物していました。それが通常のスタイルであり、またとりわけ不便・不自由なスタイルだったとも思えません。

しかしながらスーパーマーケットという大規模店舗が出現して、顧客が商品をバスケットに入れてレジで精算する、いわゆる「レジ方式」が定着するに至り、消費者は自らのカゴを持参して買い物するのが困難になっていきました。

経験してみればわかるのですが、買い物カゴを片手に持ちながらスーパーで買い物をするのは一苦労なのです。

そういった状況の隙間に入り込んだサービスがレジ袋だったのですが、レジ袋を使うには詰め替える時間と手間が必要です。顧客が荷造りするスペースも確保しなければなりません。

しかもレジ袋の提供は、環境破壊という地球規模の問題にもかかわっています。

レジ袋の削減が環境破壊問題解決に対し、どの程度の効果があるのかはよくわかりません。しかしながら、少なくとも「このサービスを無くして、もっと便利に買い物をする手段」なら残されていると私は考えます。

それが「新しいマイバスケット」運動です。この運動は、ある意味「昔に戻って買い物カゴを持とう」という消費者運動と言えるかも知れません。

マイバスケットが普及しない理由

今現在、マイバスケットが浸透していない理由として、環境問題に対し真剣に向き合っていないサービス提供者が多いという現実が有ります。

それと同時に、「レジ袋という、たいして便利でも無いサービスに慣れきった消費者」が背景に存在すると私は考えます。

使ってみて感じるのですが、マイバスケットは驚くほど便利なツールです。しかしながら殆ど普及してきませんでした。

なぜ普及しなかったのか考えてみると、一番に私は、これまでに「消費者にとって決定的なきっかけが無かったから」だと感じています。

ちなみに我々消費者は、「レジ式精算方法」という決定的なきっかけがあったからこそレジ袋に依存し、買い物カゴを手放したのです。

ですが今現在、日本ではレジ袋の廃止が叫ばれ、新たなきっかけが生まれようとしています。(続く)